PR

産経WEST 産経WEST

兵庫県議の報告紙で「政活費を不適切支出」 見直し申し入れ

Messenger

 兵庫県議61人と3会派の県政報告紙で不適切な政務活動費(政活費)の支出があるとして、丸尾牧県議は4日、黒川治議長宛てに支出ルールの見直しを求める申し入れ書を提出した。申し入れ書には、支出できない項目の明確化や、はがきによる報告紙の発行を認めないことなどを盛り込んだ。

 県政報告紙では、政務活動の記載が占める面積の割合に応じ、政活費を発行経費に充てることが認められている。しかし、丸尾氏は「顔写真やプロフィルは自己宣伝にあたり、公費支出は不適切」と指摘。独自の調査で不適切な支出は県議61人と3会派で計約1400万円にのぼるとした。

 その上で、はがきを使った報告紙は掲載スペースが狭いため認めない▽公費支出できない項目の明確化▽顔写真の大きさに規定を設ける-などのルールを定めるよう求めた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ