PR

産経WEST 産経WEST

【関西の議論】投票率わずか12%…兵庫県稲美町議の再選挙、背景に議員の「なり手不足」も

Messenger

 5月13日に投開票された兵庫県稲美町の町議再選挙。欠員1に対し、新人2人と元職1人の計3人が立候補し、元職が当選したが、投票率は異例ともいえる12・92%にとどまった。町選挙管理委員会に記録が残る昭和54年以降の選挙では、過去最低を記録。これまでの県内の選挙と比較しても、異例の低投票率となった。投票日の天候が悪かったこともあるが、任期満了に伴う前回の町議選から約2年8カ月後の再選挙で町民の関心が低かったことに加え、全国的に課題となっている町議や村議の「なり手不足」も背景にありそうだ。(香西広豊)

投票率3%台の投票所も

 「投票日が大雨だったことに加え、どの候補者も立候補表明をせず、選挙が盛り上がらなかったことが影響したのではないか」

 町選管の職員は低投票率の原因をこう分析する。同町は、兵庫県中南部に位置し、神戸市や明石市、加古川市などに隣接する人口3万1241人(5月1日現在)の町。人口は平成18年の3万2687人をピークに減少傾向にある。

町議再選挙が異例の低投票率となった兵庫県稲美町の役場
町議再選挙が異例の低投票率となった兵庫県稲美町の役場

 同町の選挙でこれまで最も投票率が低かったのは、8年の参院兵庫選挙区補選の17・26%。今回の町議再選挙はこれを4・34ポイントも下回った。ちなみに、県選管によると、県内の市町村議選の最低投票率はわからないが、記録が残る昭和34年以降の国政、知事、県議の選挙での最低投票率は平成12年の県議西宮市選挙区補選の16・95%という。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ