PR

産経WEST 産経WEST

【虎のソナタ】またズバッと!やられてもた 発売中「釣りズバッと関西」の〝痛快さ〟虎に分けて~

試合前、藤浪㊧は大阪桐蔭時代の相棒・森㊨と握手する
Messenger

 「空をみろ! アッ、鳥だ! 違う鳥谷だッ。違う。飛行機だ! アッ、スーパーマンだ」

 メットライフドームの記者席の編集委員上田雅昭に電話をいれたら、なんとなく眠そうな感じなのでいきなりそんな檄を電話口で怒鳴った。すると上田は少しも騒がず「先輩、何をゴチャゴチャいうてまんねん。ここがどこかわかってまっか…」という。わかってらい。だからこっちも真剣なんだ。どうせレオ打線にボコボコにされて、援護もなくマウンドで岩貞は健気(けなげ)にたちすくむんだろうなぁ…スーパーマンになりそうなのはいないか? 練習、ちゃんと見てたんだろうが…と上田にハッパをかけた。

 こういう時に彼はあまのじゃくだから必ず逆の楽観論を展開する。しかも、それがある程度は的中するのだ。それに試合前に西武の広報田代裕大氏がサンスポのトラ番軍団にニコニコしながら接近してきた。実は田代氏は元サンスポ大阪本社の事業部で活躍していた人物。その積極性と記者志望がレオ球団の目にとまって、ライオンズの広報&事業で今、バリンバリンだ。そりゃあ元気にもなるヮ。あんなにバカスカ打つ打線なら、ホームランコメントだって大忙しだろうから…。

 「とにかくがんばってくださいよ」と相手チームのスタッフから“激励”されて、上田は微妙な気分だったそうだ。

 昔の仲間が元気よく働いているのをみるのは気分がいい。だからこそ阪神にも奮起を期待するわけだが…いきなり秋山の本塁打。しかし…岩貞は踏ん張った。左肩の違和感で2軍落ちしていた菊池雄星が、この日から復帰してきた。つまりは西武だって阪神打線の状態なら「好投するだろう」と上から目線でかかってきているのであります。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ