PR

産経WEST 産経WEST

理科実験で体調不良 生徒2人搬送 大阪・交野市立第一中学

Messenger

 1日午後0時35分ごろ、大阪府の交野市立第一中学から「硫化水素の実験中に生徒が気分が悪くなった」と119番があった。中学2年でいずれも13歳の男子生徒と女子生徒計2人が救急車で搬送されたが、軽症だという。

 交野市教育委員会などによると、3時間目(午前10時50分から11時40分)の理科の授業で、2年生の生徒約30人が校舎1階の理科実験室で、硫化水素を発生させる実験中、2人が体調不良を訴えたという。実験は30代の女性教諭が指導し、教室の窓は開けられ、換気扇が回っていたという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ