PR

産経WEST 産経WEST

【将棋】藤井七段、勝負めしはぶっかけうどんと明太子ご飯 中村六段はぶっかけそば 棋王戦予選決勝

Messenger
藤井聡太七段が注文したぶっかけうどんと明太子ごはん=1日正午、大阪市福島区
藤井聡太七段が注文したぶっかけうどんと明太子ごはん=1日正午、大阪市福島区

 大阪市福島区の関西将棋会館で1日午前に始まった将棋の最年少プロ、藤井聡太七段(15)と中村亮介六段(32)の棋王戦予選決勝。中村六段が4筋に飛車を振る「四間飛車」と呼ばれる攻守のバランスがとれた戦法で藤井七段を迎え撃っている。

中村亮介六段が注文したぶっかけそば=1日正午、大阪市福島区
中村亮介六段が注文したぶっかけそば=1日正午、大阪市福島区

 正午の昼食休憩で、藤井七段と中村六段がいずれも大阪市福島区の「小雀弥(こがらや)福島店」から注文。藤井七段は「ぶっかけうどん定食(明太ご飯)」(800円)で、ちくわの天ぷらや温泉卵などがトッピングされたうどんと、明太子がたっぷりのったご飯のセットだ。中村六段は「ぶっかけそば」(650円)だった。

 昼食休憩は午後0時40分まで。

中村亮介六段(左)との対局に臨む藤井聡太七段=1日午前、大阪市福島区の関西将棋会館
中村亮介六段(左)との対局に臨む藤井聡太七段=1日午前、大阪市福島区の関西将棋会館

 産経新聞社では将棋の魅力をより深くお伝えするコンテンツ作りのためアンケートを実施しています。ご回答いただいた方から抽選で20人の方にクオカード(1000円相当)が当たります。是非、ご回答ください。

⇒アンケートはこちらから

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ