PR

産経WEST 産経WEST

【エンタメよもやま話】世界初“安楽死マシン”と、「長生き悔やみ」安楽死した104歳学者が突きつける現実

オーストラリアの医師で、個人の「死ぬ権利」を認めようとの主張で知られるフィリップ・ニッチケ氏(70)が、オランダ人のエンジニアと共に開発した世界初となる“安楽死(自殺幇助)マシン”「サルコ」(英紙デーリー・メール電子版4月10日付)
Messenger

 さて、今週ご紹介する“エンターテインメント”は、少し物騒(ぶっそう)なお話でございます。

 現在、「安楽死」が合法化されている国・地域といえば、オランダ、スイス、ベルギー、南米コロンビア、ルクセンブルク、米のカリフォルニア州やオレゴン州などが知られていますが、そんな国々のひとつ、オランダの首都アムステルダムで4月14日に催された「お葬式フェア」で、世にも恐ろしい機械がお披露目されました。

 昨2017年12月1日付の米誌ニューズウィークや、今年2018年4月10日付の英紙デーリー・メール、同17日付英紙のインディペンデント(いずれも電子版)などが驚きを持って報じているのですが、オーストラリアの医師で、個人の「死ぬ権利」を認めようとの主張で知られるフィリップ・ニッチケ医師(70)が、オランダ人のエンジニアとともに開発した世界初となる“安楽死(自殺幇助(ほうじょ))マシン”の「サルコ」です。

■世界どこでも3Dプリンター製造、ワンボタン1分間で楽々と…

 一見すると、流線形の赤いボディーはSF映画に登場する小型の宇宙船のようですが、かっこいいなどと言っている場合ではありません。

 死にたい人は、この機械の中(カプセルのようになった部分)に入り、ボタンを押すと、内部に液体窒素が充満し、酸素濃度が5%に低下。中の人は約1分で意識を失い、約5分後に死亡するというのです…。

 中の人が死亡した後は、カプセルの部分は棺(ひつぎ)になり、台座から取り外して埋葬するという手はずです。

 ニッチケ医師によると、痛みや窒息による苦しみはほとんどなく、その原理について、飛行機のキャビン(客室)減圧に例えました。

 この機械、設計図もネットで無料公開し、世界中のどこでも、3Dプリンターで組み立てられるようになるというのですが、誰もが容易に使うことはできません。

 希望者は、自分の意志で死ぬということを証明するため、オンラインのテストを受けて合格せねばなりません。合格すれば24時間有効な4桁のコードがもらえます。このコードを機械に入力した後、スペシャルボタンを押せば、死に向かう一連のプロセスがスタートするというわけです。

“安楽死マシン”世界が関心を持つ理由…まず団塊の世代が…

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ