PR

産経WEST 産経WEST

【関西の議論】受刑者への「頭髪指導」は違法? 髪を伸ばしたい男の訴えの行方は

Messenger

 「寄付するために髪を伸ばす」「死刑囚は髪形が自由なのに」「女性受刑者は髪を伸ばしているじゃないか」「出所後に元受刑者とバレる髪形は嫌だ」…。受刑者になったら髪形が制限されるのは違法として、刑事被告人の男が国に髪形を制限する処分の差し止めを求めた訴訟の判決が大阪地裁であった。男はあれこれと論を尽くし、髪を伸ばすことは認められるべきと力説したが、果たして裁判所は訴えをどう判断したのか。受刑者のあるべき髪形とは-。

受刑者は「原型(げんけい)刈り」

 訴訟を起こしたのは、詐欺罪などで実刑判決を受け、上告した30代の男。大阪拘置所(大阪市都島区)に収容中で、昨年5月に提訴した。

 訴えによると、男は、病気やがん治療の影響で頭髪に悩みを抱える子供のウイッグ(かつら)をつくるために髪を贈る取り組みに協力しようと、約3年かけて寄付が可能な長さ(31センチ以上)に髪を伸ばしていたという。1、2審で詐欺罪の有罪判決を受けた男は上告していたが、この判決が確定して受刑者として収容されれば、髪形を制限され「髪を寄付することができなくなり、自己決定権が侵害される」-として訴えを起こした。

 そもそも受刑者の髪形というのは、どのようなものだろうか。受刑者の髪形については、刑事収容施設法や「被収容者の保健衛生及び医療に関する訓令」などで規定されている。

 男性受刑者の場合は「原型刈り」(髪全体を0・2センチに刈る)か「前五分刈り」(最も長い部分が1・6センチで、上部の髪と調和するようにすそから刈り進める)のどちらかを受刑者が選ぶと規定。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ