PR

産経WEST 産経WEST

乳児殴った疑いで母親逮捕、骨折で重傷 愛知・半田

Messenger

 生後2カ月の長女を殴るなどして頭の骨や肋骨を折る重傷を負わせたとして、愛知県警半田署は30日、傷害の疑いで半田市の自称看護師、田中桃子容疑者(24)を逮捕した。同署によると、長女は現在も入院中で、脳機能障害が残る恐れがあるという。

 逮捕容疑は昨年6月21日ごろと7月26日ごろ、半田市の自宅で、当時生後2カ月の長女に殴ったり蹴ったりするなどの暴行を加え、重傷を負わせた疑い。田中容疑者は「泣きやまないことにいら立ってやった」と供述している。

 翌27日、長女がぐったりしているのを同居する田中容疑者の義母が気付き、病院に連れて行った。「虐待の疑いがある」と病院から通告を受けた児童相談所が8月10日、県警に通報していた。

 田中容疑者は当時、長女と夫、夫の両親らと暮らしていた。半田署が詳しい状況を調べている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ