PR

産経WEST 産経WEST

楠木正成の妻ゆかりの「楠母神社」、住民の憩いの場に 大阪・富田林

八重桜に彩られる「楠母神社」の跡地。長い間荒れていた場所は、憩いの場に生まれ変わった=大阪府富田林市甘南備
Messenger

 南北朝時代の武将・楠木正成の妻、久(ひさ)子(こ)を顕彰するため昭和15年に創建され、戦後に廃社となった「楠母(なんぼ)神社」(富田林市甘(かん)南(な)備(び))の跡地が、市の整備で住民の憩いの場へ生まれ変わった。石像を含む遺構類は残され、神社があったことを思わせる形に。地元住民らは、長年荒れ地だった神社跡の新しい姿に喜びつつ、次世代へ引き継ごうと決意を新たにしている。(藤崎真生)

 夫・正成の戦死後、嫡男の正(まさ)行(つら)を育て上げた久子は「非常時における女性のあり方の象徴」として、明治から大正にかけて日本女性の手本とされていた。同市甘南備にあった久子終(しゅう)焉(えん)の地である草庵・楠(なん)妣(ぴ)庵(あん)も同じ時期に楠妣庵観(かん)音(のん)寺(じ)として再興された。

 こうした背景から寺は女性の精神修養の場として活用されていたが、昭和12年には約100人が宿泊できる修養道場「若(わか)楠(くす)寮」が完成。その建物裏に建てられたのが楠母神社だった。

 戦後は若楠学園と名を変えた若楠寮は、戦災孤児たちを保護していたが、40年代に市外へ移った。一方で、廃れた神社は50年ごろには廃社式も営まれ、御霊(みたま)は市内の別の神社へと移されたという。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ