PR

産経WEST 産経WEST

もう一度、宝塚に大輪の花を 100年続く花火大会復活目指し 手持ち花火でギネス挑戦 

 実行委は、ラインダンスのギネス認定が反響を呼んだこともあり、話題作りのため今回もギネス記録に挑戦することを決めた。

 当日は、宝塚大劇場近くの武庫川河川敷で、約2300人が同時に手持ち花火(長さ55センチ、燃焼時間2分30秒)に火をつける。ギネス認定員の合図後、10秒以内に点火することができれば、ギネス認定される。現在のギネス記録は韓国・天安で昨年10月に行われた1700人という。

 榛名さんは「花火大会復活に向けて、市民で力を合わせたい。宝塚の魅力を発信する」と期待を込めた。

 参加費は千円。インターネットを通じて資金を集めるクラウドファンディングも利用する。問い合わせは実行委((電)0797・83・2211)。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ