PR

産経WEST 産経WEST

【関西の議論】大相撲土俵の女人禁制議論が再燃か? 女性市長が企画の集会や夏巡業再開で

Messenger

 京都府舞鶴市で4月に行われた大相撲巡業を端に発した土俵の女人禁制問題を考える市民集会が6月、兵庫県宝塚市で開かれる。企画したのは、土俵の女人禁制に異を唱える同市の女性市長。ただ、同市には「相撲をパフォーマンスに利用している」と市長を批判する声も多く寄せられており、当日は混乱する可能性もある。一方、夏場所終了後、地方巡業も再開するが、巡業先となっている大津市の女性市長は土俵に上がれなければ、あいさつしないことを表明している。沈静化したかのようなこの問題だが、再び波紋を広げる可能性がありそうだ。(中川三緒)

女性であるという理由だけで…

 舞鶴市長が倒れた2日後の4月6日、大相撲の地方巡業が宝塚市で行われた。これに際し、同市の中川智子市長(70)が巡業前日、「土俵の上であいさつしたい」と主張。これに対して日本相撲協会は「伝統に配慮して土俵の下でやってほしい」と伝えた。

 当日に土俵下に置かれた台の上に立った中川氏だが、「女性であるという理由だけで土俵の上であいさつできないのは悔しく、つらい。変革する勇気が大事ではないか」と訴えた-。

土俵の下で挨拶する兵庫県宝塚市の中川智子市長=4月6日、同市立スポーツセンター総合体育館
土俵の下で挨拶する兵庫県宝塚市の中川智子市長=4月6日、同市立スポーツセンター総合体育館

 実は、昨年の巡業時には土俵下で普通にあいさつしていた中川氏。今回の発言を、パフォーマンスだとする批判もある。巡業後に市役所で行われた会見で「昨年は普通にあいさつしていた」と問われると、「男性市長も土俵の下であいさつしていると思っていた。舞鶴市長が倒れた映像を見て、男性市長は土俵に上がっているのだと気がついた」と話した。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ