PR

産経WEST 産経WEST

【浪速風】「超えられない父」超えた日本ダービー 福永祐一騎手「天才の息子」の重荷おろせたか(5月29日)

ワグネリアンに乗ってファンの声援に応える福永祐一騎手=東京競馬場(今野顕撮影)
Messenger

 「平成最後」の日本ダービーを制したのは、福永祐一騎手が騎乗したワグネリアンだった。感極まった祐一さんの涙は、19度目の挑戦で夢をかなえた喜びだけではない。「父が一番勝ちたかったレース。ようやく父に誇れる仕事ができました」という言葉がすべてを物語っている。

 ▼父の洋一さんは9年連続でリーディングジョッキーに輝き「天才」と称された。が、昭和54年3月、落馬事故で頭を強打し、騎手生命を絶たれた。関西テレビの名競馬アナウンサー、杉本清さんは「洋一が落ちて競馬は変わった。洋一中心にレースが動いていたのに、その中心がいなくなったのだから」と言った。

 ▼事故の時に祐一さんはまだ2歳だった。やがて競馬の世界に入ったが、「天才の息子」は重荷でしかなかったろう。「父を超えようとは思わないし、超えられない存在」。それでも勝利数は洋一さんを超え、ついにダービージョッキーになった。競馬は人間のドラマでもある。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ