PR

産経WEST 産経WEST

【関西の議論】記録的大雪、復旧に努めたのに…除雪費用で財政難の福井市が職員給与1割カット、労組猛反発

積雪で動けなくなった車。今年2月の豪雪ではこうした光景があちこちで見られた=福井市内
Messenger

 2月の豪雪で除雪費用が膨らみ財政難に陥った福井市が、職員給与の時限的な削減を検討している。非常時に備え積み立てている財政調整基金が底をつき、財源不足に陥ったためだ。これに対し市職員の労働組合は「被災し、災害復旧に努めた職員の給与で財源不足を補うのはおかしい」と猛反発し、撤回を求めている。市側は6月議会への関連条例提案を目指すが、労使交渉は着地点を見いだせないままだ。

貯金が底をつく

 市財政課によると、財政調整基金残高は直近で平成18(2006)年度の31億5千万円がピーク。以降、市税収入の改善などで基金の取り崩しを行わない年もあったが、24年度から財政事情が厳しくなる。高齢化を背景にした社会保障費の負担増に加え、35年春に予定されている北陸新幹線の福井開業、30年度の国体開催といった大型案件を控え、24年度以降はほぼ2年置きに取り崩しが続き、28年度末残高は20億円まで目減りしていた。

 そこに今年2月の豪雪が直撃。福井市では積雪147センチを記録するなど37年ぶりの記録的な大雪となり、幹線道で車両が立ち往生、事業所などの休業も相次ぎ市民生活が混乱した。

 29年度の除雪関係費や公共施設の補修費など雪の関連経費は50億円となる見込みで、これは例年の7倍強に当たる。国の特別交付税や国土交通省の補助金のほか、市の災害対策基金や財政調整基金の残額を全額取り崩しても、29年度決算は3億円の赤字に陥る見通しだ。

北陸新幹線の延伸開業、国体の開催…「1割カット? 大きすぎ!」

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ