PR

産経WEST 産経WEST

【警官発砲 刃物男死亡】「うわー」響く叫び声と複数の発砲音 はだしで逃げる男性も

男性に切り付けた男が警察官の発砲で死亡する事件があり、警察車両などで騒然とする現場付近=28日午後7時25分ごろ、熊本市東区(画像の一部を加工しています)
Messenger

 静かな住宅街に突如、叫び声と発砲音が響いた。28日、警察官ら2人を切りつけた男が発砲され、死亡した事件が起きた熊本市東区。路上に血痕が広がり、パトカーのサイレンが鳴り響くなど、現場周辺は騒然となった。「一体何が起きたのか」。住民らの間には驚きと不安が広がった。

 近所に住む70代女性は「うわー」という男性の声の後、「パンパン」と発砲音のようなものを2回聞いて家を飛び出した。「『包丁を持っているから気を付けて』と叫ぶ声が聞こえた。(男に)追われていたのか、はだしの男性もいた」

 担架に乗せられ、顔を隠された状態で2人が搬送されていった。現場近くの消防署玄関近くには、警察官らを切り付けたとみられる包丁が落ちていた。「この近くで、これまでこんな事件が起きたことはない。怖い」と声を震わせた。

 午後4時半ごろ駐車場を通りがかった男性(48)によると「おまえ、こっち来いよ」と大きな声が聞こえ、アパートの窓から小柄な男が飛び出し、駐車場にいた男性ともみ合いになったという。別の男性(67)は孫と散歩に出かけようとしたところ、男が「待て」と叫びながら男性を追いかけるのを目撃。「孫がもし外に出ていたら」と表情を曇らせた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ