PR

産経WEST 産経WEST

日本遺産に「稲むらの火」の広川町 地元で期待の声

日本遺産の構成文化財の一つ「広村堤防」
日本遺産の構成文化財の一つ「広村堤防」

 文化庁が24日認定した「日本遺産」に、県内からは広川町の「『百世の安堵(あんど)』~津波と復興の記憶が生きる広川の防災遺産」が選ばれた。国連が創設した「世界津波の日」の由来になった逸話「稲むらの火」に代表されるストーリー。「町の防災文化のPRの機会になれば」。長年、「稲むらの火」を軸に防災の大切さを訴えてきた町関係者らは、さらなる情報発信力の強化に期待を寄せる。

 「百世の安堵」は、安政南海地震(1854年)の際、町を津波が襲う中、稲束に火を付けて人々を高台に避難させたとする実業家、浜口梧陵の逸話「稲むらの火」や、犠牲者の慰霊と防災意識の継承を目的に50年後の明治36(1903)年に始まった伝統の祭り「津浪祭」に代表される防災文化の継承にまつわるストーリー。

 日本遺産は、梧陵が津波から町を守るために築いた「広村堤防」(国史跡)や、人々が避難した神社「広八幡神社」(国重文)といった同町の防災に関わる26の史跡や祭りなどで構成。「百世の安堵」という名称は、広村堤防の建設計画時に梧陵が残した言葉「築堤の工を起(おこ)して住民百世の安堵を図る」から名付けられた。県教委文化遺産課は、「これまでの日本遺産にはなかった防災にまつわる遺産、ストーリーが新たな事例として評価された」としている。

 この日、同町役場や「稲むらの火の館」など3カ所では、認定を祝う横断幕を設置。西岡利記町長は「大変名誉なこと。日本遺産を構成する文化財を活用し、魅力的なまちづくりに全力で取り組みたい」とした。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ