PR

産経WEST 産経WEST

JR西日本グループ、新ブランドホテルを6月開業 高級と廉価の中間「ヴィスキオ」

最も広い「ヴィスキオツイン」は家族連れなど最大4人が泊まれる=24日、大阪市北区
Messenger

 JR西日本グループは24日、JR大阪駅近くに6月6日開業する「ホテルヴィスキオ大阪」(大阪市北区)を報道陣に公開した。訪日外国人や国内レジャー客をターゲットにしたホテルで、2人以上で宿泊するタイプの部屋が全400室のうち8割を占める。

 JR西グループは高級路線の「グランヴィア」、比較的廉価な「ヴィアイン」などのホテルを運営しており、「ヴィスキオ」はこの中間のブランドに位置付けた。

 大阪駅直結のホテルグランヴィア大阪は、訪日客の急増から9割超の高稼働率で、週末は満室状態。このためヴィスキオと宿泊予約システムを連動し、グループ間での宿泊客の取りこぼしを防ぐ。

 新ホテルの客室稼働率は9割を目指し、外国人宿泊客は4割を見込む。宿泊代は1泊1室2万~5万7千円程度。地上8階建てでレストラン、カフェがある。

 ヴィスキオのブランドホテルは6月6日に兵庫県尼崎市、来年春に京都市でも開業する。

 JR西グループは、瀬戸内海に面する中国地方のエリアを視野にホテル開発を進め、平成34年度までに現在の約1・5倍となる1万1千室以上に客室を増やす方針だ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ