PR

産経WEST 産経WEST

【サッカー】英BBC、仏レキップ、イニエスタ移籍を世界のメディアが報道 三木谷会長「バルセロナのDNAが神戸に注入される」

Messenger

 世界の司令塔が、Jリーグ参戦を決断した。サッカーJ1神戸に、6月14日開幕のワールドカップ(W杯)ロシア大会スペイン代表で、同国1部リーグの強豪、バルセロナで活躍したMFアンドレス・イニエスタ(34)が加入した。複数年契約で年俸は推定で3000万ユーロ(約39億円)で、今季で開幕25年を迎えたJリーグ史上最高額。スペインの象徴ともいえる攻撃的パスサッカーの担い手は「自分のチームを助けて、自分のサッカーを見せるために日本に来た」と宣言。日本サッカー界の夢も大きく膨らむ移籍劇の舞台裏に追った。(吉原知也)

入団会見で三木谷浩史会長(左)と一緒にユニホームをお披露目する、ヴィッセル神戸のアンドレス・イニエスタ=24日午後、東京都港区(撮影・大橋純人)
入団会見で三木谷浩史会長(左)と一緒にユニホームをお披露目する、ヴィッセル神戸のアンドレス・イニエスタ=24日午後、東京都港区(撮影・大橋純人)

海外メディア40社が会見場に

 海外メディア40社を含む約350人の報道陣が駆け付け、東京都内のホテルで行われた24日の加入記者会見。テレビカメラは事前申請で50台以上、スチールカメラは100台以上を数えた。熱気あふれる会場で、イニエスタは契約書にサインを終え、日本語で「こんにちは、イニエスタです」とあいさつ。「このクラブ、Jリーグがアジア全体に広まるように力を貸したい。一番重要なのは日本の文化に溶け込むこと。みなさんと同じような国民の一員になりたい」と、日本でプレーする決意を語った。

 世界的なプレーヤーの移籍だけに各国メディアの注目は高く、スペイン紙「エル・パエス」、仏スポーツ専門紙「レキップ」、ブラジル有力紙「グローボ」などは、速報でニュースを報道。レキップは「ようこそイニエスタ」と伝えたヴィッセル神戸のツイートを添付し、エル・パエスは記者会見の様子を映した動画をサイトに掲載した。

アンドレス・イニエスタの神戸入団会見には大勢の報道陣が集まった=24日午後、東京都港区(撮影・大橋純人)
アンドレス・イニエスタの神戸入団会見には大勢の報道陣が集まった=24日午後、東京都港区(撮影・大橋純人)

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ