PR

産経WEST 産経WEST

伊賀、名張 中心市街地でも民泊可能に 三重県が規制緩和 

外国人旅行者が多く利用する古民家を改装したカフェ。「農泊」も受け付けている=名張市
Messenger

 三重県は伊賀、名張両市の中心市街地を民泊の営業制限から除外する方針を固めた。これにより、学校の近くや住宅地でも民泊営業が可能になる。両市が制限除外を要請していた。住宅の一部や空き家などを宿泊施設として貸す民泊は訪日外国人観光客(インバウンド)に人気が高く、地域活性化につながると期待されている。営業制限の除外は県内初。

 名張市で制限区域から除外されるのは、近鉄名張駅近くの名張小や名張中、昭和保育園などの周辺地域。伊賀市は歴史的建造物が多い城下町の上野西小、崇広中、上野高などの周辺地域が対象。大阪、奈良や名古屋へのアクセスの良さを生かし、インバウンド需要を見込む。

 健全な民泊の普及を目指す住宅宿泊事業法(民泊新法)に関する県の施行条例は6月15日に施行される。県内全域で学校や幼稚園などから110メートル以内の地域で授業や保育を行う日、住宅専用地域では土曜、日曜、祝日を除く日の営業を制限する内容だ。

 ただし、観光客の来訪を促す同法の目的を踏まえ、学校などの管理者の了承、周辺状況などを検討した上で制限を解除できる。県は両市からの要請を認めて広く意見を募るパブリックコメントを実施した上で、正式に制限を外す方針だ。

 「受け皿が広がって多くの人が訪れやすくなる」と歓迎するのは、今回、名張市で制限から外れる地域の近くで古民家を改修して6年前から「カフェ&バー松風」を営業する森本裕也さん(40)だ。農業体験と宿泊を組み合わせた「農泊」も受け入れており、「利用者の9割が外国人旅行者で1カ月半先まで予約が埋まっている」という。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ