PR

産経WEST 産経WEST

【関西の議論】年間に26泊3500万円!?別荘でなく超高級会員制ホテルが人気の理由

Messenger

 ペットの小型犬と一緒に過ごすことができる部屋もあり、担当者は「兵庫の魅力をホテル内で満喫でき、かゆいところにも手が届く仕様」と徹底したサービスに胸を張る。

神戸牛など兵庫県の特産品が味わえるホテル内の鉄板焼き店=神戸市灘区
神戸牛など兵庫県の特産品が味わえるホテル内の鉄板焼き店=神戸市灘区

 同ホテルは全48室で、各部屋を14人か28人で共有するオーナー制度。年間26泊可能な会員権が約3510万円、13泊可能な会員権でも1860万円と高価だが、3月末時点ですでに数百人が会員権を購入している。宿泊するには会員権とは別に1泊3万円程度が必要になるが、今年のゴールデンウイーク(GW)は会員でにぎわったという。

神戸市内を一望できる浴室。有馬温泉からタンクローリーで湯を運搬している=神戸市灘区
神戸市内を一望できる浴室。有馬温泉からタンクローリーで湯を運搬している=神戸市灘区

会員制が人気を集める秘密は

 このような会員制ホテルが人気を集める背景には何があるのか。

 観光地のホテルは通常、年末年始やGWなどの時期は宿泊予約を確保するのが困難なケースが多い。しかし、会員制ホテルの場合は宿泊できる人が会員に限られるため、自分が宿泊したい時期に予約を取りやすくなる。また、ホテルや運営会社によっては宿泊可能日が事前に設定されていることもあり、繁忙期でも確実にホテルで休暇を過ごせるメリットがある。

アベノミクス以降、高まる需要…別荘より管理が楽、そして

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ