PR

産経WEST 産経WEST

【関西の議論】年間に26泊3500万円!?別荘でなく超高級会員制ホテルが人気の理由

Messenger

 神戸市の六甲山頂に4月、新たな超高級会員制ホテルがオープンした。贅(ぜい)の限りを尽くした施設の会員権価格は年間26泊の場合で実に約3500万円に上るが、すでに計数百人が購入している。アベノミクスの影響からか、こうした会員制ホテルが近年人気を集めるが、実は、会員権価格も富裕層向けの高額なものから、庶民でも「背伸びすれば」届きそうな数百万円のものまで幅広い。かつては富裕層のステータスだった別荘に変わって注目を集める会員制ホテルの魅力とは。(土屋宏剛)

徹底したサービスとおもてなし

 全国のリゾート地で高級会員制ホテルを運営する「リゾートトラスト」(名古屋市)が4月22日、六甲山頂付近の標高約880メートルの地点に会員制ホテル「エクシブ六甲・サンクチュアリ・ヴィラ」をオープンさせた。

超高級会員制ホテル「エクシブ六甲・サンクチュアリ・ヴィラ」のパブリック棟=神戸市灘区
超高級会員制ホテル「エクシブ六甲・サンクチュアリ・ヴィラ」のパブリック棟=神戸市灘区

 同社によると、約3万9千平方メートルの敷地中央部分にフロントやレストランのあるパブリック棟を設置。少し離れた場所に計8棟の宿泊棟があり、各棟へは専用のカートで移動する。

 客室は平均約120平方メートルと広く、一部の客室からは神戸の夜景が一望できる。浴室の湯はタンクローリーで、関西を代表する温泉地・有馬温泉から運搬する。

最高級の丁度品を揃えた客室=神戸市灘区
最高級の丁度品を揃えた客室=神戸市灘区

 レストランは鉄板焼きと炭火焼き、割烹があり、「神戸牛」や「明石だこ」のほか、マッシュルーム「六甲シャンピニオン」など、地元の特産品を使った懐石料理などを提供する。

ペットOKの部屋も…超高級でも、会員制が人気を集める秘密とは…

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ