PR

産経WEST 産経WEST

日本ガイシが不適切検査…90年代から計1億個 11製品で契約通りに実施せず

記者会見で厳しい表情を見せる日本ガイシの大島卓社長=23日午後、名古屋市
Messenger

 日本ガイシは23日、送電線の絶縁や避雷装置の部品に使われる計11製品で、顧客との契約通りの検査を実施していない不適切な事例が見つかったと発表した。1990年代からで契約件数は約100万件、製品の個数では約1億個にのぼる。電力会社や重電メーカー、鉄道会社など国内外約500社に納入していた。品質に問題はないという。

 昨年10月からグループ全製品の品質について自主検査を進め、今年1月16日に判明した。品質に問題がないか調べたり、専門家ら第三者の意見を聞いたりしていたため、発表まで期間を要したとしている。

「自社検査に過剰な自信」と社長謝罪

 いずれの製品も社内規定に従った検査には合格していた。顧客との契約に基づく検査は、社内規定の検査より基準が緩いと判断し、軽視する風潮があったという。

 大島卓(たく)社長は名古屋市で記者会見し「自社検査に過剰な自信を持っていた。お客さまをはじめ関係各位に多大なる迷惑をお掛けし、深くおわび申し上げる」と謝罪した。検査データの捏造(ねつぞう)などはなかったとしている。製品は原発にも使われていた。

 社外の弁護士らが詳しく調査を進めており、品質担当取締役らとともに7月末までに調査結果や再発防止策をまとめる。業績への影響は軽微としている。日本ガイシは、電線を流れる電気が鉄塔などを伝わないよう絶縁する部品「がいし」で、国内シェア約8割を占める。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ