産経WEST

交差点にこたつ置き鍋、京大院生の男を道交法違反容疑で逮捕

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


交差点にこたつ置き鍋、京大院生の男を道交法違反容疑で逮捕

京大前の百万遍交差点 京大前の百万遍交差点

 京都市左京区の京都大吉田キャンパス近くの百万遍(ひゃくまんべん)交差点で今年2月、男女4人がこたつを置いて座り込んだ事件で、関与した2人を京大大学院の学生と特定した京都府警は22日、このうち男1人を、道交法違反(交通妨害物件の放置など)の疑いで逮捕した。捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、大学院生らは2月25日午後5時前、百万遍交差点の真ん中にこたつを置いて座り込み、交通を妨げた疑いが持たれている。

 110番で駆け付けた府警下鴨署員が注意したところ、4人はこたつをリヤカーに積み込んで立ち去った。目撃した京大関係者の証言などから大学院生らが浮上。府警は残る2人についても特定を急ぐ。

関連ニュース

「産経WEST」のランキング