PR

産経WEST 産経WEST

【フィギュアの裏話】メドベージェワ移籍の真相 極秘交渉は日本滞在中に始める

Messenger

 フィギュアスケート女子で世界選手権を連覇するなど数々の実績を残してきたロシアのエフゲニア・メドベージェワ(18)が来季からカナダのブライアン・オーサー・コーチの元へ移籍するというニュースは衝撃を持って世界中に伝えられた。オーサーは今回の移籍にまつわる過程を自ら明かし、両者の対話が始まったのは、メドベージェワがショーに出演するため日本に滞在していた4月2日だったと説明。メドベージェワはかつての教え子で2010年バンクーバー五輪金メダリストのキム・ヨナに似ているとも語った。

表彰式で、エフゲニア・メドベージェワは上を見上げ、笑顔を見せた(共同)
表彰式で、エフゲニア・メドベージェワは上を見上げ、笑顔を見せた(共同)

恩師にはまったく知らせずに…

 北米のフィギュア専門サイト「Icenetwork」は5月上旬、オーサーのインタビューを元に、極秘裏に行われていた両者の移籍交渉の経緯を報じた。

 メドベージェワはモスクワのアスリート養成学校「サンボ70」に11年前から所属。コーチのエテリ・トゥトベリーゼと二人三脚で練習を積み重ね、トップスケーターとしての階段を上がってきた。

 2月に行われた平昌冬季五輪では、同じ「サンボ70」の後輩、アリーナ・ザギトワとの間でハイレベルな戦いを繰り広げ、この同門対決は五輪史に残る名勝負と言われた。金メダリストと銀メダリストを同時に育てたトゥトベリーゼの手腕は関係者から絶賛された。

 ロシアでの報道やオーサーの発言を総合的にふまえると、メドベージェワはお世話になった恩師に一切知らせることなく、オーサーとの移籍交渉を始めたようだ。

【フィギュアスケート スターズ・オン・アイス2018】演技をみせるエフゲニア・メドベージェワ=大阪府門真市の東和薬品RACTABドーム(なみはやドーム)
【フィギュアスケート スターズ・オン・アイス2018】演技をみせるエフゲニア・メドベージェワ=大阪府門真市の東和薬品RACTABドーム(なみはやドーム)

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ