PR

産経WEST 産経WEST

【関西の議論】「若手歌手の登竜門」セルシー解体へ、隣接の百貨店とともに一体再開発…“伝説の広場”残るか不安の声も

Messenger

 千里中央駅は、相互直通運転する大阪メトロ御堂筋線・梅田駅まで約20分で行け、交通の利便性が高い。また周辺の人口は増えており、商業施設の立地場所としては魅力が大きいとみられる。

 千里中央駅は、昭和37年にまち開きした千里ニュータウン(大阪府豊中市、吹田市)内にある。両市でつくる「吹田市・豊中市千里ニュータウン連絡会議」が昨年、まとめた資料によると、ニュータウン内の人口は昭和50年には12万9860人だったが、その後減少し、平成22年には8万9220人にまで落ち込んだ。だが、23年以降は増加傾向に転じ、昨年は10万人近い9万9319人にまで回復した。

 両市によると、府住宅供給公社の住宅や府営住宅が建て替えられて高層化し、住宅の集約化で余った土地が民間に売却されてマンションが建設されており、この民間マンションが人口増加を促しているという。建て替えは続けられており、民間マンションは今後も増えるとみられる。

 さらに北大阪急行は平成32年度に、現在終点となっている千里中央駅から北に約2.5キロ延伸し、大阪府箕面市内に2駅を開設する予定で、千里中央駅周辺をショッピングなどで訪れる人たちが増加する可能性がある。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ