産経WEST

【関西の議論】「若手歌手の登竜門」セルシー解体へ、隣接の百貨店とともに一体再開発…“伝説の広場”残るか不安の声も

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
「若手歌手の登竜門」セルシー解体へ、隣接の百貨店とともに一体再開発…“伝説の広場”残るか不安の声も

数々の歌手が利用したセルシー広場。中央に野外ステージが見える=大阪府豊中市 数々の歌手が利用したセルシー広場。中央に野外ステージが見える=大阪府豊中市

 岩崎宏美や河合奈保子、倉木麻衣、AKB48、きゃりーぱみゅぱみゅ…。「若手歌手の登竜門」として知られる北大阪急行・千里中央駅前の大型商業施設「セルシー」(大阪府豊中市)と、隣接する百貨店「千里阪急」(同市)を、阪急阪神百貨店を傘下に持つ「エイチ・ツー・オー(H2O)リテイリング」などが、いったん解体し、一体的に再開発することになった。セルシーは建物の耐震性に問題があり、所有者側がテナントに、建て替える方向で検討していると伝えていたが、計画は水面下で練られ、関係者でさえ「寝耳に水」と驚く。駅周辺の活性化に期待がかかる一方で、歌手らがステージに立ったセルシー広場が残るかどうかにも関心が集まっている。(張英壽)

百貨店が核のショッピングセンター検討

 計画が発表されたのは2月28日。H2Oが再開発のためにつくられた特別目的会社とともに再開発プラン策定の検討を進めるとしている。着工や完成の時期などは未定だが、「百貨店を核としたショッピングセンターを検討している」という。

 セルシーは昭和47年に完成し、延べ床面積約4万5千平方メートルで地下1階地上6階建て。千里阪急は45年に完成して57年に増床しており、同約2万平方メートルで地下1階地上7階建て。計画では、両施設をいったん解体して新しい建物に建て替えるとしている。

 新施設は、延べ床面積が「阪急うめだ本店」(約14万平方メートル、大阪市北区)に近い10万平方メートル級となる商業施設を目指している。H2Oは特別目的会社に15億円を出資している。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「若手歌手の登竜門」セルシー解体へ、隣接の百貨店とともに一体再開発…“伝説の広場”残るか不安の声も
  • 「若手歌手の登竜門」セルシー解体へ、隣接の百貨店とともに一体再開発…“伝説の広場”残るか不安の声も
  • 「若手歌手の登竜門」セルシー解体へ、隣接の百貨店とともに一体再開発…“伝説の広場”残るか不安の声も
  • 「若手歌手の登竜門」セルシー解体へ、隣接の百貨店とともに一体再開発…“伝説の広場”残るか不安の声も

「産経WEST」のランキング