PR

産経WEST 産経WEST

神戸山口組組長別宅に実弾撃ち込んだ疑い、対立組織幹部を逮捕 兵庫県警

Messenger

 兵庫県稲美町にある指定暴力団神戸山口組の井上邦雄組長(69)の関係先の住宅に昨年6月、拳銃の実弾が撃ち込まれた事件で、兵庫県警は21日、銃刀法違反と建造物損壊の疑いで、対立組織の指定暴力団山口組直系「倉本組」系組長、中山浩容疑者(58)を逮捕した。捜査関係者への取材で分かった。調べに対し黙秘している。

 捜査関係者によると、中山容疑者は別の倉本組系組員らと共謀し昨年6月20日未明、井上組長が「別宅」として使用していた同町の住宅に向け、拳銃で実弾数発を発射するなどした疑いがもたれている。

 倉本組は、当時井上組長がトップを兼ねていた神戸山口組2次団体の山健組と対立。平成28年10月には和歌山市内の繁華街で山健組系組長=当時(50)=が暴行を受けて死亡し、倉本組幹部ら10人が逮捕される事件が発生していた。

 県警は組織間の対立が発砲事件の背景にあるとみて調べるとともに、事件に関与した別の倉本組系組員らの行方を追っている。

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ