PR

産経WEST 産経WEST

博多のゲーム機賭博店を摘発 暴力団の資金源か 福岡県警

Messenger

 福岡県警は20日、テレビゲーム機を使った常習賭博の疑いで、福岡市博多区のゲーム機賭博店「渡辺」の経営者、渡辺美保容疑者(60)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は20日午前1時35分ごろ、会社員の男(36)に金を賭けさせ、果物の図柄の組み合わせで勝負を競う賭博をした疑い。男も賭博容疑で現行犯逮捕された。

 県警は店内のテレビゲーム機6台などを押収。多い時には1日7~8人の客がおり、暴力団の資金源になっていた可能性があるとみて調べる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ