産経WEST

【石野伸子の読み直し浪花女】梶井基次郎「檸檬の伝説」(7)折口信夫、阪田寛夫、大谷晃一…文学者を支え影響、知的ハイカラ女性の夢

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【石野伸子の読み直し浪花女】
梶井基次郎「檸檬の伝説」(7)折口信夫、阪田寛夫、大谷晃一…文学者を支え影響、知的ハイカラ女性の夢

兄一家のもとで療養していた昭和6年1月、兄謙一が撮影した1枚(日本近代文学館蔵) 兄一家のもとで療養していた昭和6年1月、兄謙一が撮影した1枚(日本近代文学館蔵)

 平成11(1999)年に新しく編集し直された筑摩書房の「梶井基次郎全集」の編集にも携わった日本近代文学研究者の鈴木貞美さん(70)は、梶井の母、ひさに「大阪の女を見る」という。どういうことか。

 ひさは女好きで家庭を顧みない夫で苦労したが、子供たちはみんなりっぱに育てあげた。明治の新しい女子教育にふれ、一時期幼稚園の保母をしながら共働きをした。新しい女性だ。この「知的でハイカラな女性」がこの時期、大阪の文学者を支えた事実は大変興味深いと鈴木さんはいうのだ。

 鈴木さんは昨年、「『死者の書』の謎 折口信夫とその時代」を上程しているが、この折口も「知的でハイカラな叔母の支援を受けている」という。

 「日本の近代化の流れの中で、青鞜など新しい女をめざす動きが登場するが、大阪という都会は東京と違い新しい女を受け入れる土壌がなかった。自分では果たせなかった夢を、大阪の女性たちは息子や親族などに託した。そこから独自の面白い文学者を生んでいる」

 興味深い指摘だ。

 基次郎の母、ひさは、苦しい家計の中から、羊羹は駿河屋、体をふくときはフランス製のオーデコロン。息子の一流好みを出来る限り叶えてやった。それこそが、清貧の中にあっても「高潔で俗に落ちない」梶井文学を支えたのではないか、というのだ。

 さて、最後につけたし。

 梶井家には3人の息子があり、ひさはいずれもりっぱに育てあげた。その一コマを、童謡「サッちゃん」の作詞で知られる作家の阪田寛夫が「吉野通」という印象深い短編につづっている。昭和63(1988)年、梶井の死から半世紀後の文章だ。

みんな知ってる童謡♪サッちゃんは、ねぇ~…の作者も興奮、梶井基次郎の実家

関連ニュース

「産経WEST」のランキング