PR

産経WEST 産経WEST

【将棋】藤井聡太六段、船江恒平六段に勝利 15歳9カ月の最年少で七段昇段

竜王戦5組ランキング戦準決勝に勝利し、昇段した藤井聡太新七段=18日午後、大阪市福島区の関西将棋会館(永田直也撮影)
Messenger

 将棋の最年少プロ、藤井聡太六段(15)は18日、大阪市福島区の関西将棋会館で指された竜王戦5組ランキング戦準決勝で先手の船江恒平六段(31)に勝ち、昇段条件を満たして七段に昇段した。15歳9カ月での七段昇段は史上最年少で、加藤一二三(ひふみ)九段(78)が持つ17歳3カ月の記録を大きく塗り替えた。

 規定では、竜王戦の予選に当たるランキング戦で2期連続で昇級すれば七段に昇段する。5組から4組への昇級枠は4人で、決勝に進んだ2人と昇級者決定戦を勝ち抜いた2人が昇級。昨年の前期、6組で優勝して5組へ昇級していた。

 藤井新七段は14歳2カ月でプロデビューし、今年2月1日に「順位戦C級1組昇級」の規定で五段に昇段。同17日には史上初めて中学生として全棋士参加の一般棋戦で羽生(はぶ)善治(よしはる)棋聖(きせい)(47)=竜王=らを破って優勝、わずか16日で六段に昇段して以来、3カ月で七段昇段を果たした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ