産経WEST

【将棋】藤井15歳プロ「史上最年少七段」挑む 竜王戦5組準決勝で〝鬼門〟井上一門・船江六段と対戦

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【将棋】
藤井15歳プロ「史上最年少七段」挑む 竜王戦5組準決勝で〝鬼門〟井上一門・船江六段と対戦

井上一門に黒星3つ

 藤井聡太六段(15)が18日、七段昇段を懸けて対戦している船江恒平六段(31)は井上慶太九段(54)門下で、藤井六段にとって“鬼門”の一門だ。井上一門のプロ棋士4人のうち、初対戦の船江六段を除く全員に敗れている。記録達成に難敵が立ちふさがる。

 藤井六段の17日までの公式戦通算成績は75勝12敗だが、このうち黒星3つが井上一門による。昨年8月、菅井竜也王位(26)に、12月に稲葉陽(あきら)八段(29)に敗れたほか、今年3月には、藤井六段にとって中学生最後の対局で井上九段に敗れ、連勝も16で止められた。

 藤井六段を公式戦で破った最年長棋士となった井上九段は「今回も大勢の報道陣が来て注目している。船江君には緊張感をうまく実力を発揮する力に替えてほしい」と願った。

 今回、藤井六段が七段に昇段する可能性のある条件は「竜王ランキング戦連続昇級」。八大タイトル戦の一つ「竜王戦」の決勝トーナメント(本戦)への出場者を決める予選で、最上位の1組から6組まである。

 昨年、藤井六段は6組で参加し優勝して昇級、今期は5組で指している。決勝進出者は来期、4組に昇級するため、藤井六段がこの日の対局で決勝進出を決めれば「連続昇級」の条件を満たして七段昇段となる。

 藤井六段が準決勝で敗れた場合でも、今秋にも行われる昇級者決定戦(敗者復活戦)で勝てば昇級し、昇段条件を満たす。

このニュースの写真

  • 藤井15歳プロ「史上最年少七段」挑む 竜王戦5組準決勝で〝鬼門〟井上一門・船江六段と対戦

関連ニュース

「産経WEST」のランキング