PR

産経WEST 産経WEST

福井・高浜原発4号機が定検入り 営業運転再開は10月上旬

関西電力の高浜原発4号機=福井県高浜町
Messenger

 関西電力は18日、高浜原発4号機(福井県高浜町)の発電設備と送電系統を切り離し、定期検査を始めた。昨年5月に再稼働して以降、定検は初めて。9月中旬の原子炉起動、10月上旬の営業運転再開を予定している。

 高浜4号機の定検入りで、国内で稼働中の原発は高浜3号機、関電大飯3、4号機(同県おおい町)、九州電力玄海3号機(佐賀県玄海町)の3原発4基となる。高浜3号機は8月に定検入りの見通し。

 関電によると、18日午後に原子炉を停止。中央制御室にある制御盤などの電源装置を最新の装置に交換するほか、2次冷却水が流れる配管のうち過去の点検で厚みが減っていた場所など計104カ所を、炭素鋼製から腐食に強いステンレス鋼製などに取り換える。1500カ所余りの配管の超音波検査も実施する。

 炉心に入っている燃料集合体は、157体のうち81体を交換。高浜4号機はプルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)燃料を使うプルサーマル発電を行っており、新しく入れる81体のうち16体はMOX燃料という。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ