PR

産経WEST 産経WEST

無農薬作物、ITで守る データ蓄積、害虫や病気防止 神戸のNPO

Messenger

 今回設置したのは、通信機器やセンサー、土壌の状態を観測する装置などで、米や野菜が育つ過程で生じる問題をいち早く探知できる。問題が発生するまでの温度や湿度など環境の変化を通信機器を経由して専用のコンピューターに送り、データとして蓄積。それを分析することで、害虫や病気被害の再発防止につなげる。

 イナンルさんは「自分1人だけの力では小さいので、この取り組みがさらに広がるように情報発信に努めたい」と強調した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ