産経WEST

「その声その姿早く見せて」吉川友梨さん行方不明から15年、思い込めた絵手紙並ぶ JR熊取駅

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「その声その姿早く見せて」吉川友梨さん行方不明から15年、思い込めた絵手紙並ぶ JR熊取駅

 熊取町で平成15年、当時小学4年の吉川友梨さん(24)が行方不明になって15年を迎えるのを前に、同町のJR熊取駅コンコースで17日、地元の絵手紙教室の生徒らが制作した友梨さんにあてた絵手紙の展示が始まった。

 友梨さんを励ますとともに事件の風化を防ごうと、同町などで絵手紙教室を開く新井徹さん(80)とその生徒が企画。行方不明になった20日に合わせて絵手紙を展示しており、今年で12回目になる。

 フジカク絵手紙クラブ(同町)と貝塚絵手紙クラブ(貝塚市)の生徒30人が描いた作品約60点を展示。地元の風景や果物などを描いた絵が並び、「友梨さんその声その姿早く見せて」「友梨さんの『ただいま』の声待っています」などのメッセージが添えられた。新井さんは「小さな活動だが、解決の糸口となり、元気な姿を見せてもらえれば」と話した。

 展示は31日まで。友梨さんに関する情報は泉佐野署(電)072・464・1234。

関連ニュース

「産経WEST」のランキング