PR

産経WEST 産経WEST

【関西の議論】全国初の「三冠」へ、京都・宇治川の鵜匠の挑戦 17年ぶり「放ち鵜飼」復活へ

Messenger

 京都府宇治市の「宇治川の鵜飼(うかい)」の鵜匠(うしょう)たちが“伝説の漁法”に挑んでいる。目指すのは鵜をつなぐ追い綱をせず、川で自由に魚を取らせる「放ち鵜飼」だ。相棒となる海鵜(うみう)は平成26年以降に人工孵化(ふか)で育ち、鵜匠たちが育ててきた9羽。育ての親を本物の親と認識する習性を生かした試験的な取り組み。川魚をくわえて確実に鵜匠のもとに戻るまでに成長できるか。(勝田康三)

実現すれば17年ぶり

 「放ち鵜飼を実現するため、インターネット上で資金を募るクラウドファンディングを始めたい」

 宇治市役所で4月19日に開かれた記者会見。鵜飼を主催する宇治市観光協会の鵜匠、沢木万理子さん(44)は、こう訴えた。150万円を目標額に6月29日まで寄付を募り、集まった資金を餌代やトレーニングなどの費用に充てる。

海鵜を抱く鵜匠の江崎洋子さん。放ち鵜飼の成功には信頼関係を深めることが必要だ=京都府宇治市
海鵜を抱く鵜匠の江崎洋子さん。放ち鵜飼の成功には信頼関係を深めることが必要だ=京都府宇治市

 魚を丸飲みにする習性のある鵜を飼い慣らし、のどに首結(くびゆ)いをして引っかかったアユなどの魚を鵜匠が吐き出させる鵜飼は、宇治川や長良川(岐阜)など全国11カ所で行われている。夜の川面を照らすかがり火、風折烏帽子(かざおりえぼし)に腰蓑姿の鵜匠、追い綱をつけて魚を補食する海鵜…。風情豊かで幻想的な光景が観光客の人気を集める。

 一方、海鵜に追い綱をつけずに魚を捕る放ち鵜飼は、13年に島根県益田市の鵜匠が死去して以降途絶えたとされる。今秋に宇治川で実現すれば17年ぶりの復活、人工孵化の海鵜では全国初となるという。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ