産経WEST

【夜食ラーメンでおもてなし(5)】海外へ社員の家庭訪問 「歓迎の心」を誓い実践 道頓堀ホテル運営会社専務 橋本明元さん

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【夜食ラーメンでおもてなし(5)】
海外へ社員の家庭訪問 「歓迎の心」を誓い実践 道頓堀ホテル運営会社専務 橋本明元さん

スタッフと話す橋本明元さん(左)。ともにホテルのおもてなしを支えている(鳥越瑞絵撮影) スタッフと話す橋本明元さん(左)。ともにホテルのおもてなしを支えている(鳥越瑞絵撮影)

 --なぜそこまで

 橋本 3年ほど前、社員がご両親から入社を反対されたと聞いて、1軒1軒行こうと決めました。3カ国語話せて、成績優秀で、なぜ大企業に行かないのかと。私がご家族とお会いするのは、働く人とその家族が幸せになるよう、良い会社にすることを誓うためです。

 --2025年、大阪に万博が来たら、外国人旅行客がもっと増えますね

 橋本 五輪や万博は一時のこと。その時だけでなく、心から外国人客を歓迎していかないと。自分が外国に行ったら、どうしてほしいですか。おもてなしは、シンプルなことなんです。=おわり

     

 はしもと・みんげん 昭和50年5月生まれ、大阪府豊中市出身。同志社大を卒業後、義足や車いすの製造・販売会社の営業を経て平成13年、祖父が昭和45年に創業した道頓堀ホテルの運営会社、王宮に入社。平成14年に祖父の故郷、中国の高級ホテルで修業。19年、王宮に再入社し、社長の兄と道頓堀ホテルを経営。25年に専務となり、訪日外国人に特化したホテル2棟を大阪市内で新たに開業した。

「産経WEST」のランキング