産経WEST

韓国への高速船就航「活性化期待」 長崎・対馬市長ら協定締結

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


韓国への高速船就航「活性化期待」 長崎・対馬市長ら協定締結

包括協定を結んだ長崎県対馬市の比田勝尚喜市長(右から2人目)ら=17日午後、福岡市博多区 包括協定を結んだ長崎県対馬市の比田勝尚喜市長(右から2人目)ら=17日午後、福岡市博多区

 福岡市の博多港と韓国・釜山港を結ぶ高速船の一部が7月23日から長崎県の対馬を経由して運航されるのを前に、対馬市と船を運航するJR九州高速船などが17日、福岡市で包括協定を結んだ。対馬市の比田勝尚喜市長は記者会見で「観光産業のさらなる発展と、地元の地域活性化に期待したい」と語った。

 対馬北部の比田勝港と博多港の高速船就航は、対馬市の住民の要望を受けて実現。全国で初めて海外と国内路線の乗客が同じ船に相乗りする仕組みを導入する。博多まで約6時間かかるフェリーを利用するなどしていたが、高速船で2時間10分に短縮される。

 JR九州高速船の国際航路「ビートル」が比田勝港に立ち寄る。全191席のうち国内線の26席分は、対馬-博多間のフェリーを運航する九州郵船が運営主体となる。

 国際線と国内線の座席間は固定式のカーテンで仕切られ、不法入国や違法な物品の受け渡しなどを防止する。

 運賃は片道大人8820円で、島民などは割引制度がある。7月3往復、8月6往復、9月7往復、10月は10日までに4往復が運航される予定。

「産経WEST」のランキング