産経WEST

滋賀・草津の3歳児暴行死、父親に懲役7年

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


滋賀・草津の3歳児暴行死、父親に懲役7年

 滋賀県草津市の自宅で昨年8月、当時3歳の長男を踏みつけるなどして死亡させたとして、傷害致死罪に問われた父親の無職、坂野和寛被告(36)の裁判員裁判の判決公判が17日、大津地裁であり、伊藤寛樹裁判長は懲役7年(求刑懲役10年)を言い渡した。

 伊藤裁判長は「わずか3歳の長男の頭を足で踏みつけるなどした行為は、しつけの範(はん)疇(ちゅう)などとは認められない」と指摘。弁護側は双極性障害(躁(そう)鬱(うつ)病)などの影響による突発的な犯行と主張したが「精神疾患の影響が大きく働いたとはいえず、酌量に値するものではない」とした。

 判決によると、坂野被告は昨年8月13日、長男が冷蔵庫から食品を取り出して散らかしている様子に腹を立て、暴行を加えて死亡させた。

「産経WEST」のランキング