PR

産経WEST 産経WEST

将棋の藤井聡太六段、最年少七段昇段なるか 相手は「藤井キラー」井上一門 18日対局

屋敷伸之九段との対局を終え、感想戦に臨む藤井聡太六段=7日午後、東京・千駄ヶ谷の将棋会館(撮影・梶川浩伸)
Messenger

 高校生になったばかりの将棋の最年少プロ、藤井聡太六段(15)が七段に昇段するチャンスが到来している。18日に行われる八大タイトル戦の一つ「竜王戦」の予選にあたる5組ランキング戦準決勝で勝てば昇段規定を満たし、加藤一二三九段(78)の17歳3カ月より早い「15歳9カ月」の史上最年少七段が誕生する。今年2月に四段から五段、六段へと“スピード出世”した藤井六段が、3カ月足らずでまた昇段するか注目される。(中島高幸)

 ▲あと1勝で昇段△

 藤井六段が最速で七段へ昇段する条件が、「竜王ランキング戦連続2回昇級」だ。ランキング戦は、上位の1組から6組までに分かれ、それぞれトーナメントを勝ち上がることで、羽生善治竜王(47)=棋聖=の挑戦者を決める決勝トーナメント(本戦)進出を目指す。

 2~6組で決勝に進出すれば上位の組に昇級でき、1~5組は成績に応じて降級もある。本戦には1組から5人、2組から2人、3~6組から1人ずつ出場できる仕組み。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ