PR

産経WEST 産経WEST

【関学大アメフット部会見詳報(6)】「被害選手の家族、今も日大側に憤り」

Messenger

 --日大の「厳しさ」を鳥内監督はどのように考えているか

 鳥内監督「内田監督のやり方は分かりませんが、あのプレーは厳しさという問題なのか。なぜ彼(ラフプレーをした選手)だけがああなったのか。なぜ彼だけがああいうプレーをしたのか。原因を究明してほしい」

 --今後、(リーグ戦を)勝ち上がった場合、再び日大と対戦する可能性があると思うが

 小野ディレクター「今の段階ではそこまでは考えられない」

 --悪質なタックルをされた選手は監督に「こういうことをされた」と報告はしなかったのか。日大側には選手を労うような動作が見受けられたが

 鳥内監督「僕が(試合を)見ていた段階では、どういうプレーか分からなかった。あとで聞いたら『やられました』と。彼もあそこまでやられたと分かっていなかった。翌日にビデオを見て知ったようだ。なぜ注意が行われなかったのか、ねぎらわれるような動作があったのか、理解ができない」

 --負傷した選手から鳥内監督に何か話はあったか。鳥内監督自身は負傷した選手になんと声をかけたか。

 鳥内監督「試合後、(負傷した選手は)私とは話しをしていない。彼は後半から試合に戻っていた。そこまで(の事態とは)思っていなかった」

 小野ディレクター「(負傷した選手は)今は風邪で学校に来ていない。今後ケアを考えていきたい」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ