PR

産経WEST 産経WEST

【関学大アメフット部会見詳報(6)】「被害選手の家族、今も日大側に憤り」

記者会見に臨む関西学院大アメリカンフットボール部の鳥内秀晃監督=17日午後、兵庫県西宮市
Messenger

「日大監督、厳しいことで有名だった」

 --監督の指導があったとされた場合、関係者の処分も考えられると思うか。また、悪質プレーをした選手は今後、アメフトをやる資格あると考えるか

 小野宏ディレクター「処分については日大側が考えること。どういう事情があったにせよ生命に関わる危険で悪質なプレーで、行為自体が許されるものではないが、選手がなぜあのようなことをしたのか、真相を究明すべき。本人がやはり、真実を自分の口から言うこと。彼の人生のためにも必要なんだろうと思う」

 --鳥内監督は、日大の内田監督をこれまでどのようにみていたか。仮に同じ問題が関学大側で起こった場合、どうお考えになるか

 鳥内秀晃監督「コーチ時代から知っているが、厳しいことで有名だった。練習時間も長いと聞いている。選手にとっては厳しかったのではないか。(悪質プレーについては)うちのチームでは度々言い聞かせている。絶対ありません。2秒、3秒たってからヒットするような悪質なプレーは絶対違う。ありえない」

 小野ディレクター「自ら真相を究明し、社会に公表する。それが日大アメフト部の今後に一番大切なこと。一方で、関東学生連盟の調査が入る。その両方で真相究明に近づくことが望ましい」

 --日大の内田監督は説明をせず、逃げ回っているように感じるがどう思うか。また、今回の問題の映像見てどう感じたか。SNSでも拡散されたが

 鳥内監督「ああいう事故が起こったわけですから、すぐにでも謝罪すべきだったと思います。問題が大きくなってしまっている」。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ