PR

産経WEST 産経WEST

【関学大アメフット部会見詳報(1)】日大の回答書「問題のプレー、指導と選手の受け取りに乖離」と釈明

 記者会見する関西学院大アメリカンフットボール部の鳥内秀晃監督=17日午後、兵庫県西宮市
Messenger

 アメリカンフットボールの日本大と関西学院大の定期戦で日大の選手に悪質な反則行為があった問題で、関西学院大が17日、兵庫県西宮市の同大で記者会見を開いた。

 今月6日に東京都内で行われた両校の定期戦で、日大の守備選手が、パスを投げ終えて無防備な状態だった関学大のクオーターバック(QB)に背後から激しくタックルをして負傷退場させた。この守備選手はその後もラフプレーを繰り返して資格没収(退場)となった。

 危険なプレーをした選手は周囲に「『(反則を)やるなら(試合に)出してやる』と監督から言われた」と話していたとされる、一方、日大広報部は「監督は『必死で頑張ってこい。戦え。厳しくやれ』など厳しいことは言ったが、違反しろという指示は出していない」とし、コーチや主将らも「監督はそんなことは言っていない」と否定したという。

 関学大の抗議に対し、日大は15日に回答書を提出。日大広報部によると「ラフプレーを認めて謝罪しているが、監督から指示はしていない」という内容になっているという。

日大「監督のコメント撤回」

 会見場には約100人の報道陣が集結。アメリカンフットボール部の鳥内秀晃監督と小野宏ディレクターが入場、一斉にフラッシュがたかれた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ