産経WEST

【エンタメよもやま話】生活費「月2億円超」ジョニー・デップさん破産の危機 資産管理会社も元ボディーガードも訴えた

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【エンタメよもやま話】
生活費「月2億円超」ジョニー・デップさん破産の危機 資産管理会社も元ボディーガードも訴えた

元ボディーガードに訴えられるなど、トラブル続きのジョニー・デップさんの生い立ちやお金にまつわる話を報じる英紙デーリー・メール(電子版5月7日付) 元ボディーガードに訴えられるなど、トラブル続きのジョニー・デップさんの生い立ちやお金にまつわる話を報じる英紙デーリー・メール(電子版5月7日付)

 さて、今週ご紹介する“エンターテインメント”は、久々となるエンタメの王道、米ハリウッドのお話でございます。

 ジョニー・デップさん(54)と言えば、大ヒット映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズ全5作(2003年~17年)の主人公で、ヨレヨレ&女たらしのくせにピンチにはめっぽう強いジャック・スパロウ船長役で文字通り、最強のハリウッド・スターの地位に登り詰めたセレブリティ(有名人)中のセレブリティで知られます。

 セレブの資産や年収といったお金にまつわる情報を伝える米ニュースサイト、セレブリティ・ネット・ワースによると、映画への出演料は1作あたり何と2000万ドル、日本円にして約22億円。そして総資産はその約10倍で約220億円といいます。

 そんな「地球上で最も高いサラリーを得た俳優のひとり」(セレブリティ・ネット・ワース)である彼が、何と破産の危機に瀕(ひん)しているというのです。一体、どうなっているのか?。今週の本コラムでは、この一件についてご説明いたします。

■ワイン代金「月330万円」、恋人に2600万円の衝動買い…

 5月1日付の米芸能系ニュースサイト、デッドライン・ドットコムや英紙デーリー・メール(電子版)などが伝えているのですが、デップさん、突然、元ボディーガードの2人から賠償金の支払いを求める訴訟を起こされたのです。

 この日、デップさんを米カリフォルニア州の上級裁判所に訴えたのは、ユージン・アレオラさん(38)とミゲル・サンチェスさん(38)の2人です。

 訴状などによると、2人は元LAPD(ロサンゼルス市警)の警官で、2016年4月から今年の1月まで、デップさんの家に住み込み、デップさんと家族の専属ボディーガードを務めていました。

 実は2人はかなり昔からデップさんと仕事をしており、少なくともアレオラさんは2007年から彼の身辺警護に当たっており、デップさんの母親であるベティ・スー・パーマーさんとも懇意になる仲だったといいます。

「顔に違法薬物の…」信じられない金額も続々…

「産経WEST」のランキング