PR

産経WEST 産経WEST

【ロシアW杯】リオ五輪世代の挑戦(下) 高みを目指し、覚悟の移籍 試合勘を取り戻すのがカギ

Messenger

 「与えられたポジションで百パーセントでプレーして、そのポジションを取ってしまうぐらいの気持ちでやる」と遠藤航。今季も13試合中12試合で先発フル出場し、アピールを続けている。

 14年の前回W杯ブラジル大会で、日本は1次リーグ敗退に終わった。今回のロシア大会は雪辱の舞台だが、開幕2カ月前に指揮官が交代する逆境に見舞われた。4年前と同じ轍(てつ)を踏まないためには、リオ五輪世代の奮起が必要なのは間違いない。

 ◇ 

 この連載は、吉原知也が担当しました。

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ