産経WEST

【夜食ラーメンでおもてなし(4)】他社の揶揄受けながら 新人ばかりでスタート 道頓堀ホテル運営会社専務 橋本明元さん

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【夜食ラーメンでおもてなし(4)】
他社の揶揄受けながら 新人ばかりでスタート 道頓堀ホテル運営会社専務 橋本明元さん

着物体験をサポートする担当者(右)と大阪・西心斎橋のブリッジホテル前で談笑する橋本明元さん(恵守乾撮影) 着物体験をサポートする担当者(右)と大阪・西心斎橋のブリッジホテル前で談笑する橋本明元さん(恵守乾撮影)

 橋本 新人研修で「世界と日本の架け橋になるという思いが大事や!」なんて私が熱く語りすぎてしまい、開業直前になって「ところでチェックインは、どうやってやるんですか」なんて実務を聞かれて少し反省しました。開業当初は本当に皆あたふたしていましたが、お客さまからクレームはありませんでした。稼働率は初めは低かったのですが、11月にオープンして半年後には9割を超えていました。

 --開業1年の29年には、海外のホテル予約サイト大手の「トリップアドバイザー」で、外国人旅行者が泊まりたい日本全国のホテルトップ20位に選ばれました

 橋本 一流ホテルが並ぶなかで、うれしい限りです。私の自慢は、本当に優秀で一生懸命働いてくれる従業員たち。お客さまから「日本に来てよかった」とコメントや手紙をいただくこともあります。彼らに人間的な魅力があるから、すばらしい接客ができると思っています。

     

 【プロフィル】橋本明元(はしもと・みんげん) 昭和50年5月生まれ、大阪府豊中市出身。同志社大を卒業後、義足や車いすの製造・販売会社の営業を経て平成13年、祖父が昭和45年に創業した道頓堀ホテルの運営会社、王宮に入社。平成14年に祖父の故郷、中国の高級ホテルで修業。19年、王宮に再入社し、社長の兄と道頓堀ホテルを経営。25年に専務となり、訪日外国人に特化したホテル2棟を大阪市内で新たに開業した。

関連ニュース

「産経WEST」のランキング