PR

産経WEST 産経WEST

【千田嘉博のお城探偵】CASE10 地震に学んだ伏見城 復興と備え 今に伝え

伏見城の一角には、想像で復元された大天守(右)と小天守が建つ(本社ヘリから)
Messenger

 1591(天正19)年に豊臣秀吉は、関白の位と豊臣政権の「公」の城・聚楽第(じゅらくてい、京都市上京区)を甥(おい)の豊臣秀次へ譲った。翌年に秀吉は風光明媚(めいび)な伏見の指月(しげつ)に屋敷を建てた。秀吉の穏やかな隠居所として伏見城は生まれた。ところが秀吉が進めた文禄・慶長の役や、1595(文禄4)年に起きた秀次の切腹と聚楽第の破壊によって、伏見城の政治的位置は一変した。

 聚楽第がなくなったため伏見城が豊臣政権の「公」の城になった。豊臣の城といえば大坂城が名高いが大坂城は豊臣の「私」の城だった。だから豊臣政権に従った大名たちは、最初に聚楽第の周囲に屋敷をつくり、その破壊後は伏見城下に屋敷を建てた。1594年頃から秀吉は指月伏見城の改修をはじめ、1596年頃までに伏見城は政権の城としての規模を整えた。

 しかし、1596年閏(うるう)7月に起きた「慶長伏見地震」によって、指月伏見城は御殿が倒壊するなど大被害を受けた。そこで秀吉は同じ伏見の木幡山(こはたやま)に場所を移して新たな伏見城を築くよう命じた。当時、諸大名は文禄・慶長の役のため朝鮮半島で戦い、あるいは肥前名護屋(ひぜんなごや)城(佐賀県唐津市)に在陣していた。長引く遠征に伏見築城が加わるのは、大名たちにとって重い負担だった。

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ