産経WEST

【地球を掴め国土を守れ】技研製作所の51年(22)ユーザーと歩む「家元」標榜

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【地球を掴め国土を守れ】
技研製作所の51年(22)ユーザーと歩む「家元」標榜

販売開始と同時に圧入原理の普及活動に北村は全国を回った 販売開始と同時に圧入原理の普及活動に北村は全国を回った

 圧入原理に基づく無振動・無騒音の杭(くい)打ち機「サイレントパイラー」を大阪の業者に送り出した2年後の昭和54年、開発した高知技研コンサルタント(技研製作所の前身)社長の北村精男(あきお)は、圧入施工の業界団体を創立した。

 「圧入工法は全く新しい原理に基づくため、施工技術をもつメーカーの技研が、いわば『家元』となって、ユーザーと密接な関係を構築しないと、工法は普及しなかった」と、北村は団体設立のねらいを語る。

 団体は現在、任意団体から一般社団法人「全国圧入協会」に変わり、国内外への工法の普及、圧入施工技士(厚生労働省認定)の養成などを行っている。その副会長を務める土保産業(大阪府東大阪市)社長、樋口佳行は、サイレントパイラーについてこう語る。

 「初めは半信半疑だったが、使えばすごさが分かった。改良進化も速く、協会は情報交換の場として貴重。東日本大震災や紀伊半島豪雨の被災地で堤防の復旧工事をしたが、サイレントパイラーならではの仕事だと思う」

■   ■

 サイレントパイラーの販売開始以降、圧入工法の「家元」である技研は、「ユーザーと共存共栄を図る責任がある」(北村)として、改良を重ねては新型機を発表した。

続きを読む

関連ニュース

「産経WEST」のランキング