PR

産経WEST 産経WEST

【関西の議論】地味なアイドル東播磨ちゃん…自虐的なPR動画、「仲間割れ」で一時配信停止に

Messenger

 兵庫県南部に位置し、東に神戸、西に姫路という有名な観光地に挟まれた東播磨(ひがしはりま)地域(明石、加古川、高砂など3市2町)を管轄する兵庫県の出先機関、県東播磨県民局が制作したPR動画が物議を醸している。動画は神戸、姫路、東播磨をそれぞれ女性アイドルグループのメンバーに見立て、センターながらも地味で目立たない「東播磨ちゃん」が、周囲の励ましを受け自分の良いところを思い出していくストーリー。自虐的な内容だが、東播磨の良いところを網羅した県民局としては「会心の作品」だったという。ところが、構成自治体の明石市からの猛烈な抗議で動画は一時、配信停止に追い込まれるなど波紋を広げた。(荒木利宏)

明石は日の出の勢い?

 4月20日午前、東播磨県民局の四海達也局長のもとに1本の電話がかかってきた。相手は明石市の泉房穂(いずみ・ふさほ)市長。泉市長は「PR動画について市民から批判の声が寄せられている」とした上で、次のような抗議をした。

 「明石市は積極的にプロモーションを展開しており、今や日の出の勢い。そんな明石を自虐ネタの対象にするのはおかしい。明石は、加古川市や高砂市とは違う」

 さらに泉市長は、動画投稿サイト「ユーチューブ」に配信していたPR動画から明石を紹介する部分を削除するよう訴えた。

「東播磨ちゃん」(中央)は「神戸ちゃん」と「姫路ちゃん」に励まされ地域の特産品を思い出していく(兵庫県東播磨県民局提供)
「東播磨ちゃん」(中央)は「神戸ちゃん」と「姫路ちゃん」に励まされ地域の特産品を思い出していく(兵庫県東播磨県民局提供)

 明石市は4月から、姫路や西宮、尼崎の各市と並び県内4市目の中核市に移行。子育て世帯の転入促進に力を入れ、第2子以降の保育料無料化などの支援策が奏功し、人口減に苦しむ自治体が多いなか人口を着実に増やしている。

続きを読む

関連トピックス

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ