PR

産経WEST 産経WEST

【衝撃事件の核心】クエの産地偽装 市場関係者も「聞いたことない」中国産、いったいどんなもの?

Messenger

 漁獲量が少なく、「幻の魚」と呼ばれるクエ。天然ものは高値で取引され、近年は養殖の研究も盛んだ。そんな高級魚をめぐる産地偽装事件が4月、大阪で巻き起こった。中国産のクエを国産と偽り販売していたとして、不正競争防止法違反容疑で、大阪府内に拠点を置く水産加工会社が摘発された。希少資源であるがゆえに、偽装が行われるのはある意味、当然といえる。中国産を国産に、という構図もいかにも分かりやすい。ただ中国産のクエを輸入していたのは、国内ではこの会社だけだった。つまり中国産自体もなかなかに希少という、よく分からない背景があるのだ。なぜ他の業者は仕入れないのか。見た目や味に違いはあるのか。

中国産の伝票

 きっかけは貝殻の不法投棄だった。

 大阪府南部にある水産加工会社の流通センター。ここで中身を取り出した後のホッキ貝が、大阪湾に捨てられている疑いがあった。

 貝殻は産業廃棄物にあたり、海への投棄は海洋汚染防止法に抵触する。大阪府警は今年2月、センターへの家宅捜索に踏み切った。

 押収物を調べる中で、海洋投棄とは別の容疑が浮上する。中国からクエを輸入していたことを示す伝票があったが、同社の販売品には「山口天然クエ」などと表示されていたからだ。

 府警は4月、中国などから仕入れたクエ98匹(約250キロ)を国産のように偽装表示し、宮城県内の水産卸業者に約98万7千円で販売したとして、不正競争防止法違反(誤認惹起(じゃっき))の疑いで、同社社長の男(46)らを逮捕した。

続きを読む

関連トピックス

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ