PR

産経WEST 産経WEST

最新の国宝・松江城天守 日本の城を知り尽くした男が「6万6千分の5」の魅力を語る

国宝松江城天守。手前にあるのが付櫓
Messenger

 日本に5つある国宝天守のうち、最も新しく国宝となった松江城(平成27年7月に指定)。編纂(へんさん)作業が進められてきた松江市史の別編「松江城」が今年3月に刊行されたのに合わせ、執筆陣の一人で城郭研究の第一人者、滋賀県立大の中井均教授(日本城郭史)が同市で講演。全国各地の2千以上の城を踏破した希代の“城マニア”が、松江城の魅力を熱く語った。講演の要旨は次のとおり。

1つの城で1冊の自治体史は、まれなケース

 全国各地で市史や町史などのいわゆる「自治体史」が多数刊行されているが、そのうち1つの城だけで1冊出している自治体がどのくらいあるか。私が知る限り、兵庫県姫路市(姫路市史別編「姫路城」)と石川県七尾市(七尾市史資料編「七尾城編」)、同県小松市(小松市史資料編「小松城」)。それに、今回の松江市史別編「松江城」しかない。

 このほかに、仙台市や滋賀県甲賀市など、市内の城跡を1冊にまとめた例はあるが、「一城で一冊」というのはまれ。逆に言うと、これらは住民にとって誇りの城だということだ。

 とくに松江市の場合、市史編纂自体が「松江開府400年」の記念事業。つまり、松江に城が築かれ城下が整備されたのを記念した事業として市史の編纂を始めたわけで、松江城編の制作中だった27年に天守が国宝に指定されたのも意義深い。

富田城に入ったが新たに松江城を築いた堀尾氏

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ