PR

産経WEST 産経WEST

【宝塚歌劇団】伝説のトップ・早霧せいな、異例の再主演 「るろうに剣心」の主人公を再び  

「るろうに剣心」に主演する元宝塚歌劇団雪組トップスターの早霧せいな
Messenger

 元宝塚歌劇団雪組トップ、早霧(さぎり)せいなの主演舞台「浪漫活劇『るろうに剣心(けんしん)』」が10、11月に東京と大阪で上演されることが16日、発表された。和月(わつき)伸宏氏の人気漫画を舞台化。早霧はトップ時代に原作の初舞台化で主人公の緋村(ひむら)剣心役を演じており、宝塚トップが退団後に同じ作品で男性の主人公を演じることは異例。

 “伝説のトップ”が、退団後に再び、当たり役に臨む。トップ時代、主演した大劇場作5作すべてにおいて、稼働率100%超という宝塚歌劇団初の偉業を成し遂げた早霧。「ルパン三世」など漫画原作の舞台化も多く、「るろうに剣心」の剣心役もその1つ。相手役に退団の意を告げた公演でもある。

 早霧は芝居巧者であり、卓越した運動能力、漫画から抜け出たような端正な容姿で剣心役を熱演。演出の小池修一郎氏に「美しい容姿とリアルな演技力の絶妙なバランスで、漫画の非現実的な役にも説得力を持たせる」といわしめた。

 「エリザベート」などのように、退団後、元トップが宝塚時代の主演作と同じ原作作品に出演し、ヒロインを演じることはあるが、同じ男性の主人公を演じることは珍しい。

 今回も脚本・演出は、前回の舞台同様、宝塚歌劇団の小池氏が務める。ヒロインの神谷(かみや)薫役は上白石萌歌。斎藤一(はじめ)役を広瀬友祐、四乃森蒼紫(しのもり・あおし)役に三浦涼介、武田観柳(かんりゅう)役を上山竜治、加納惣三郎役を松岡充が演じる。

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ